• ÜNDY アンディ

色彩ショック...!色覚特性について

カラーデザイン講習で学んだ、色が電磁波の可視スペクトルによる情報であり【色の三属性=色相・彩度・明度】という基本導入の話が「知っていたけれど、忘れていたこと(感じていなかったこと)」だった【色覚特性】追体験について。

男性の20人に1人の確率で色覚異常(色覚特性、色弱とも言う)であること。

(昔は「色盲」と称していたが今は相応しくない言い方)

何故男性にだけかというのは、遺伝子は女性が「XX」なのに対し男性は「XY」であるので遺伝子情報「X」の片方が傷ついたら男性には「X」という情報が一つしかないから。女性は補う「X」がもう一つあるから色覚異常は見られないという。具体的に症状を言うと色の三原色「赤・青・緑」のうち「赤・緑」について程度の差はあれ判別できないというもの。(ごく稀に「青」が見えないという人が少数ある)

20人に1人って結構な確率だ。

そして、以前同じ職場にいたM君が色弱だったことを思い出す。ファインダーを覗いたり映像編集する仕事だが色弱な為、色のセンスがないと酷評されいた。気弱な彼が、困った顔をしていたのを思い出して、先生がiPadで見せてくれた【色のシュミレーター】というアプリを通して見た色弱者の色の世界に、 、息を呑んだ。

...彩りがない。

...なんて寂しい世界なんだ。



教室内どよめく驚きの声をよそに、自分も笑顔で感想を言いながら、目の奥が涙で潤んだのを堪えていた...情報としては、色弱は知っていた。なのに、赤と緑が何色に置き換わって見えるか知らなかったと。

彩りがあるはずの赤や暖色、緑など鮮度ある色が、全て茶色や茶褐色。そこに、青と、白と黒がある世界。

知らなくてごめん...と思った。絞るような後悔というか。

デザインに関わって、ユニバーサルカラーも知っていたつもりだった。自分が色をつけたものが色弱の人にどう見えているか、想像したこともなかった。

向かって右側が色弱者の世界。

【色のシュミレーター】を通して隣の人の顔を写して見せて貰った。肌色は黄味がかっており、口紅の赤はドス黒い茶色だった。ショックだった。


色弱の人は、コーディネートのために服のタグにメモしたり、靴下の色履き違えがないように印をつけるか判別のできる白を選ぶか。そのような不便が日常生活にも普通にあ流ことや、色のない食卓を想像していた。

三重苦のヘレン・ケラーは色が発する電磁波を感じ取って、触るだけでその色を言い当てたとのことだ。そこまで普通に五感がある人間には訓練しても習得できない感度であるけれど。色弱は個性というハンデである。ハンデという個性でありたいと願う。


稀に、「共感覚」と言って視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚が結合したまま成長し、音に色を感じたりする感性を持つ人もいるようだ。こちらは、被験者が少なく50人に1人とも、5000人に1人とも統計が取れないようである。「文字にそれぞれ色が見える」とか「音に色を感じる」と言ったら変人扱いされて黙ってしまうかららしい。そうかもしれない、その昔、音に色があるって主張している男子がいたのを思い出した。冗談だと思ってたよ。


まとめ。

知った上でも、やはり無力で何もできないのだが。知識として知っているだけのことと、その知識を感じることは別物だと思った。今自分が手がけているポスターやイラストを【色のシュミレーター】を通して見ることを時間が許す限りしてみようと思った。色弱の視野に合わせることは難しいけれど、知って寄り添いたいと思った。

そして、曖昧なまま分類していたパステルトーン/グレイッシュトーン/ダークトーンの色彩概念も(今更ながら!)思い出したし学んだ。


#デザイン #カラーデザイン #色弱 #色のシュミレーター

  • Facebook
  • Twitter
  • ブラックInstagramのアイコン

✉️ yumiko@undy.me
©2021 by ÜNDY